スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽園をください?

シビル・ガン 楽園をください
シビル・ガン 楽園をください

過去数多くの作品において、
「原題と邦題の違い」について
論議が呼び起こされてきたものと思いますが・・・
この「楽園をください」という邦題も謎だらけです。
タイトルとしては、私好みのカッコいい題なのですが、
何故「RIDE WITH THE DEVIL」が「楽園をください」になるのだ・・・。
しかも作品中に「楽園」という言葉は
一度として使われてなかったと思うんだけど!!(笑)
せめて副題をRIED~にすればいいのに。
ローレンスに攻め込む前のブラック・ジョン(だっけ?←笑)の演説で
"Then hell, boys, ride with me to Lawrence !!"
とかなんとかゆー台詞があって(ヒアリング違ってたらすみません・笑)
「RIDE WITH THE DEVIL」という原題は恐らく
この辺りからつけられてるんだと思うんですね。
「楽園をください」もカッコいいんだけれど、
私はなにげにあの演説が好きだったりするんで、
原題をさっぱり無視されてしまうと結構悲しい・・・。

話は逸れますが、
戦い系の映画には必ずそういう演説シーンがあるじゃないですか。
どの作品を観ても、演説シーンではうっかり感動してしまいます(笑)
やっぱり士気を鼓舞するようなカッコいい言い回しが使われるから、
観ているこちらまで精神が高揚してしまうのですにゃ。
そんな中で、過去に一番感動しなかった演説は、
「王の帰還」のアラゴルンさんの演説でございました(笑)
「・・・だが、今日はその日ではない!!」とか言うやつ・・・。
台詞自体はカッコいいんだけどね・・・声がね・・・(^^;
私はヴィゴさんは結構好きなんだけれど、
彼の声は演説向きじゃないよなーとつくづく思った次第です。
一方のセオデン王の演説はマジで泣いたのになあ!

で、話を戻します。
(以下、ネタバレしまくりですのでご注意くださいませ)
トビたんの長髪が恐くて敬遠しまくってた「楽園~」でしたが、
実際見てみたら恐れていたほど変ではなかった・・・と思う。
いや、やっぱり最初長髪クンが登場した時には
トビたんには申し訳ないのだがうっかり「ぷぷ」と笑ってしまったが、
観てるうちに慣れてくるというか・・・。
慣れって恐ろしいわ。
でもま、やっぱり長髪でないに越したことはありません!
農園を出る時に髪を切るんですが、
髪切った後のあまりの美しさに思わず涙しました(笑)
前述の演説シーンや、
ジャック・ブルがお亡くなりになるシーンもそれなりに感動したけれど、
あの断髪シーンが一番感動した気が・・・(←間違ってるよ!!)
髪が短いだけじゃなくて、前髪の流し方が超私好みなんですもん!
でも、その美しい姿になるのは本当に最後の最後であって、
残念ながら作品中大半は長髪&ちょびヒゲくんなわけで・・・(涙)
てか、あのブッシュ・ワッカーとかいうゲリラ部隊の皆様は
一様に長髪&ヒゲのオジサマなので、
区別がつかなくて大変でした(笑)
服装も個性ないしさ・・・。

トビたん演ずるジェイクくんは、
もしかしたらトビーが今まで演じた役の中で
一番男らしい役だったかもしれません。
「ローレンスの大虐殺」シーンで、
ジェイクくんが朝食をとるところで、
私はトビ担になって以来はじめてトビーを「カッコいい!」と思いました(笑)
"Shut up !!"って低く叫ぶところなんて素敵vv
あぁそうそう。
このローレンスの町には多数の星条旗が翻っていましたが、
星条旗の星の数がちゃんと少なかった!!
さすが、アン・リー監督はしっかり歴史考証をしてますネ。
「ギャング・オブ・ニューヨーク」とはやはり違うらしい・・・
(↑詳細は9/20の日記をご覧になって下さいまし)

そんなジェイクくんは、実は19歳だった・・・というオチに驚き(笑)
「楽園を~」は1999年の作品だから、
今を去ること5年前ということは、
トビたんはしっかり20代でいらっしゃったわけで、
お得意の大幅年齢詐欺炸裂☆(笑)
あー、あとジェイクくんはドイツ系ということでしたが・・・
トビー先生のあの顔は、
どう頑張ってもゲルマン系には見えないんですが!
修行が足りないですか、私!(笑)
頑張って心眼を鍛えます(笑)

一番感動したのは断髪シーンでしたが、
一番萌えたのはジャック・ブルが死ぬシーンでした♪
(本当にそれでいいのか・・・>自分)
だってさー!!
「お袋のパイがナントカカントカ」とか語りながら、
ジェイクくんの顔撫でてるんだよー!!
んで、スー・リーにはあっさり一言で終了(笑)
そりゃ、スー・リーもジェイクと再婚するはずよね・・・。

特典映像。
出た、ハゲ!!(爆)
それにしても、撮影前に特訓してたってのはスゴイですねー。
ジェイクくんが作品中で乗馬してるシーンが何度も出てきて、
さすがにスタントを使う場面もあったけれど、
トビたん本人が乗馬してるところも結構ありましたよね。
特訓の成果?
「シー・ビスケット」ではじめて乗馬をやったんだと思い込んでたんだけれど、
すでに乗馬歴があったんですね・・・。
知らなかった!!

映画としては、
まぁ南北戦争ちゅーのはあまり我々に馴染みがないものだから
正直作品を理解しきるのは困難かと思いますが、
暗いテーマの映画が好きな人にはオススメなんじゃないかなー。
・・・ちなみに、私は暗い映画が大好きです(笑)
I.A?なんて最高に暗いですよ!救いが全くない!(笑)
でもそこがいいんだな~。うっとり。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://monochromeangel.blog3.fc2.com/tb.php/59-fe3508b0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。