スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中環英雄②

今、上司から本3冊とDVD1本を借りている。
叔母からもDVDを借りている。
そして私の部屋の隅にはトニー・レオン関連のDVDが山と積まれている。
さらに先日、塩野七生の「ローマ人の物語」を読みはじめてしまった。
・・・さて、一体何から片付けたらよいものやら!(笑)
プライオリティはやっぱり上司に借りたモノに置かれるべきだろう、とは思いつつ、
結局選択したのは「中環英雄」・・・。
11/7の日記にも書いたけれど、アンディさんとトニーさんが共演した古い作品です。
最初の方だけ観て、そのままずっと放置していたので(笑)、いい加減続きを観ようかな、と思って。

で、作品中でよーやくアンディさん(英雄)とトニーさん(キット)が出会いました(笑)

いやぁ、やっぱりこのツーショは最高だわ!!
アンディさんがトニーさんをしきりに口説いておりますが、
つれないトニーさん、の図・・・。
↑占い師に「職を変えると運勢を変えられる」みたいな助言をされたアンディさんが
保険会社のお偉いサンのトニーしゃんに職を貰うべく頼んでるんですけどネ。念の為(笑)
しかしトニーさんの保険会社は凄すぎる。
私情は全て殺してお客様のご要望にお応えするのがモットーなので、
たとえばクライアントがゲイだったらその要求に応じるらしいッスよ(笑)
すでに保険会社じゃないよなそれじゃ・・・って、
コメディに真顔で突っ込み入れるのもどーかと思うけど(笑)

まだまだお話ははじまったばかり。
ですが、今日は熱があるのでこの辺りで中環英雄鑑賞は切り上げ。
今回の風邪はなかなか治りません。うぅ。


あーところで上記「ローマ人の物語」について少々。
私がはじめて塩野七生の作品を読んだのは学生の頃のこと。
「コンスタンティノープルの陥落」だったかな?それとも「ロードス島攻防記」だったかな?
どちらかだったと思うのですが、今となっては記憶が定かではない。
まぁとにかく、大学の友人が、えらく興奮して
「超オススメだから是非読んで!」と熱烈にオススメしてきたので、
私も歴史モノは嫌いじゃないし、それじゃ読んでみるか・・・と軽い気持ちで借りて読みはじめ、
ラストのラストで衝撃を受けました。あの時の驚愕は今でも忘れられないワ。
それまでずっと普通の歴史小説だと思って読んでいたのに、
なんか最後がいきなりとってつけたようなホ○だった(爆)
んで、えぇぇ何コレ!?と読者が混乱している隙に有無を言わせず強制終了
そんなカンジのラストでした(笑)
以来、大変失礼ながら、私の中に塩野さん=ホ○作家という
間違ったイメージが植え付けられたまま、数年の時が過ぎました(笑)
それほど衝撃的だったんですネ・・・。

で、先日バスを待っている間に時間を潰す為コンビニに入ったら、
「ローマ人の物語」の文庫が平積みされていて、
長年のイメージを払拭する為に読んでみよう!とふと思い立ち、
とりあえず最初の2巻まで買ってみたのです。
確かに間違ったイメージは払拭されました(笑)いやーめでたい×2。
でもこの本、ちょっとローマを私物化し過ぎていやしませんか・・・。
よく研究してるのは分かるけど。
何事も、研究すれば研究するほど、
その対象を気付かないうちに私物化してしまいがちになるものなのかも。
あ、でも面白いことは面白いです!
ローマ史は題材そのものが面白いから。
・・・って、今日はいつに増して辛口だなぁ。熱のせい?(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://monochromeangel.blog3.fc2.com/tb.php/56-9950c551

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。