スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バタフライ・エフェクト

イタローくんへのカウントダウンも残すところあと1日となりました。
当日はリアルタイムで見ることは不可能なので
しっかりタイマーセットしてイタローくんに備えようと思います♪
・・・てか、漢字表記を調べるのが面倒だからって
どことなくメジャーリーグ感を漂わせて誤魔化そうとするのは
いい加減やめなさいって自分!(笑)


さて、先日TVで「バタフライ・エフェクト」のCMを見て
なかなか面白そうな映画だと思ったので、
友達を誘って観に行って参りました。
感想は・・・うーん、まぁまぁってところかな(笑)
少なくとも最後まで退屈はせずに観られました。
が、もっともっと面白い方向に持って行くことも可能だったのでは?
・・・という気もします。
着想を活かしきれてない、というかね。
ラストは妙に教訓めいていたし、
ケイリーと街中で擦れ違う、等という演出も昼メロめいている。
関係ないけど、主演のアシュトン・カッチャーくんは
窪塚洋介とガエル・ガルシア・ベルナルくんを
足して5で割った(←割り過ぎ)ような顔立ちだなーと思いましたわ。


因みに、映画を観終わった後友人が
「バタフライ・エフェクトって要するに
風が吹けば桶屋が儲かるってことでしょ?」
と言ったのが忘れられません・・・(笑)
なんとなく「バタフライ・エフェクト」ってカッコイイ響きだなぁと思ってたのに
その発言のおかげでイメージが崩れ去ったよ!(笑)
バタフライ効果とは
「北京で蝶が羽ばたくとニューヨークで嵐が起こる」等という例えのごとく
「初期条件のわずかな差が時間とともに拡大して結果に大きな違いをもたらす」
というもので、
桶屋が儲かる、の理屈もまぁ当たらずとも遠からず。
なんだかなぁ・・・(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://monochromeangel.blog3.fc2.com/tb.php/192-c2d0770e

はじめに

これから書く事はノンフィクションです。普通の家庭で育った人から見れば特殊な事でも、人の生活とはいろいろあるので、こういう人生もあるのかと思って読んで頂ければと思います。各ストーリー毎にはじめはノンフィクションで書き、その後ノンフィクション中にあった選択肢

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。