スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あずみ」の謎

コンバンハ。
さて今日は舞台「あずみ」の謎に迫りたいと思います(笑)
(ネタバレは嫌!という方はココまでで読むのをやめられるのが肝要かと!)

謎・その1・・・ナチの死について
ナチとアズミを殺し合わせた爺という人は結構ヒドイと思う。
刺客として生きることの厳しさを教える為だったとはいえ
私がアズミなら一生爺を許さないだろう・・・。
が、下界に降りた刺客ご一行は、
そんな事実はなかったかのように和気藹々と仲良くやっている。
な、なぜだ!!ありえない!!
アズミという子はなんと寛大なのだろう。さすが菩薩である(笑)
また、刺客としての生の厳しさを教えたのなら、
そのように刺客同士馴れ合うことは間違いであると思う。
ていうかそもそもナチとアズミの殺し合いは戦力の低下でしかない気がするのだが。
私にはナチの死が無駄な損失にしか思えないのだが、
原作を読めば納得のいく描かれ方をしているのだろうか・・・。

謎・その2・・・美女丸さま
いきずりのなんとやらで出来た子供が捨てらて哀れに物乞いをし、
それがいつの間にか刺客になって人を殺すのさ!
俺達みたいにね!
・・・とかいう演説をなさる美女丸さま。
(すみません、上記台詞は驚くほど正確さに欠けております・笑)
彼の発言によると、どうやら彼は捨て子だったように推察されるのだが、
確か彼は幼い時に親兄弟を自らの剣で殺したのではなかったのか・・・?

その他にもツッコミどころ満載の舞台ですが、
そろそろマニキュアが乾いてきたので日記はこの辺で(笑)
マニキュア塗った後って出来ることが限られてるんですよね・・・
ネットはその限られた行動の一つなので、
それじゃこの機に!と日記を更新してたのでした(笑)

あー!でもあと一つ言いたいことがあったんだ!
コレは謎ではないのですが、
秀頼が自害した後は、是非、
部下に着せていた秀頼の打ち掛けを秀頼に着せ直してあげて欲しいなあ。
細かいっちゃ細かい点ですが、結構重要なポイントじゃないかなー。
彼の死は「豊臣秀頼としての死」であった、ということが
そんな小さな動作一つだけで随分強調されると思うんだけどな!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://monochromeangel.blog3.fc2.com/tb.php/182-ba951056

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。