スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソウル攻略 + トリック

わーッ!
ついに「ソウル攻略」のポスターが発表されたーッ(><)

日記の中でも何度か触れているのだけれど、
ソウル攻略(韓城攻略、英題Seoul Raiders)は、
「東京攻略(Tokyo Raiders)」という作品のシリーズものであります。
「東京攻略」は、最近私が観まくっているトニーさん出演作と違って、
日本でも上映され、日本版DVDもリリースされております(笑)
小さなレンタル屋さんにも比較的置いてある確率が高いんじゃないかな?
(少なくともウチの地元のこじんまりとしたツ○ヤには置いてあった・・・笑)
なので気が向いたら是非とも借りてみて!
ノリがよいので割と誰にでも楽しめると思いますッ。
ちなみに「東京攻略」については、当Monochrome Angel内でも、
10/9付の日記にて感想を書いておりますわ。

んで、「ソウル攻略」ポスターの件。
辺境サイトであっても、一応記事をネタにして日記を書こうとする以上、
自分の目で何らかのソースを確かめておきたい管理人ゴコロ・・・つーわけで、
(私信含。
ルナさん、コメントで書いて頂く分には噂でも全然構わないと思います~♪
むしろ歓迎ですわ!私は噂に疎いから・・・(^^;)
コメントは日記本文よりも公の要素がより薄いし、
皆様もあまり深く考えず、適当~なカンジで使ってやって下さいなッ)
上記情報を耳にしてから速攻香港YAHOO新聞サイトに飛んでみました。
そして明報でポスターが掲載されているのを発見♪
ふぎゃ~ッ林貴仁ちゃん(←トニー・レオン氏の役名ね)カワイイよぅ!!
ポスターのデザインも何やらカッコいいしvv
トニーファンでない方もゼヒゼヒ下記アドレスにアクセスしてみて下さいなッ!

http://hk.news.yahoo.com/041222/12/17v34.html


さて、話変わって。
私は世間のいわゆる「韓流」は日韓友好を考えると
歓迎すべき傾向なのではないか・・・と普段は思っていますが、
ふとした時にムカッ!とくることもあります(爆)
先日もね・・・「オーシャンズ11」を借りようと思って
上記の地元のツ○ヤに行ってみたんですわ。
そうしたら、韓国DVDコーナーがバン!と大きく設けられていて、
そのせいで店内のレイアウトが大幅に変更され、
かつて「オーシャンズ11」が置かれていた場所も変わってしまっており、
しばらく店内を探しまわってみたものの結局見つけ出すことが出来なかった・・・(涙)
でも折角レンタルに行って何も借りずに帰ってくるのも虚しいし、つーわけで
何故か「TRICK2 超完全版」を借りてきました(笑)

トリック 2 超完全版
トリック 2 超完全版

仲間由紀恵が演ずる極貧マジシャン山田と、
阿部寛が演ずる童○(笑)の物理学者上田が繰り広げるミステリーです。
人気ドラマだったし、ご存知の方も多いかも?
山田奈緒子っていうキャラクターがとてもカワイイし、
上田教授もいい味出してるし、
何と言っても二人の恋愛に発展そうで発展しない関係が微笑ましく。
観たことのない方には是非観て頂きたい作品です!
この「トリック」は堤幸彦氏の作品ですが、
彼の作品といえば、「ケイゾク」も大好きだったんだよなぁ・・・。

で、トリックを4本も(笑)借りてきてしまったせいで、
「最佳拍档之酔街拍档」はほとんど観れていません・・・。
あ、でもオープニングだけチラリと観ましたわ!!
まだトニー・レオン氏は影も形もありませんが。。。(笑)
でもハウ兄ちゃん、じゃなかった(笑)、ジャンユーさんが
とーってもカッコよいのですわvv
しかしながら「VCD」ってやつは画質が悪くて観るのが疲れますね・・・(^^;
しかもこの作品、字幕の文字サイズが小さくてとても見づらい!
そして、文字の色が白なんですが、
背景の白と重なると文字が見えなくなる!!カンベンしてくれ!!
そんなわけで、観終わるには大分時間がかかりそうですわ・・・。
スポンサーサイト

コメント

タイトルなし

それでは、楽しいクリスマスを・・☆

タイトルなし

ルナさんは素敵なイブを過ごされましたでしょうか?

タイトルなし

個人的には「ブエノスアイレス」が大好きです。でも、一番見やすいのは「恋する惑星」かな?。「花様年華」を見ると「2046」でのその後のチャウさん(トニさん)の切なさも納得かも(?)です。しかし、一番トニさんがカッコよいのは「楽園の瑕」でした。目がみえなくなっていく剣士なのですが、あまり登場場面は多くないけど、その印象は強烈でした。戦いに行く前のキス場面や最後にアルコールを呑むときのいっちゃっている目とか、カッコよすぎてヤバかったです(笑)映画はちょっと公開当時は斬新すぎたかな、って感じました。それまでの香港のツイハークものと新しいものを模索していたようで。その後「グリーンディスティニー」を見た時、この映画がここまで評価されるのなら「楽園の瑕」も評価してほしいと思ったものでした。カーワァイの映画は本当に賛否が多いですが、その中でつねに切なさや哀しみを演じているトニさんはやはりかかせない存在なのかな、って改めて感じてます。しかし、カーワァイ氏にボロボロにされてトニさんがいつか神経がマイってしまって壊れてしまいそうで複雑ですが(汗)

タイトルなし

コメントを拝見しているうちに、是非ともカーワイ作品を観なければ!という気がしてきました(笑)カーワイ作品を観るにあたって、モチベーションを模索していたところ、英語字幕で観てみればいいんじゃないか・・・ということに気付きました。語学の勉強になると思えば観る気も増すというもの!(笑)なので、近々海外版のDVDを注文するつもりです♪よーしッまずは「楽園の瑕」を注文するわ!目の見えない剣士、という設定は萌えですねv(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://monochromeangel.blog3.fc2.com/tb.php/17-1946bc62

「ソウル攻略」ポスター発表

 香港の各紙サイトで「ソウル攻略」のポスターが一斉に発表になりました。  香港の映画館に特大ポスターとして掲げられているそうです。  撮影は韓国の新鋭写真家、Hong Jang Hyun。彼はチャン・ドンゴン、イ・ビョンホン、チャ・テヒョン(「猟奇的な彼女」)、チェ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。