スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無間道 半ズボン考

こんなタイトルでホントごめんなさい・・・(笑)


先日、ジャニ友Rさんに会った際、
1/22の日記で宣言した通り、インファナル・アフェアⅠのDVDを持っていき、
「萌えだから是非観てね!」と勝手に押し付けました(笑)
ごめんネRさん・・・。
で、そのRさんがDVDのジャケを見て、若ラウ=エディソンくんを指さし、
首を傾げて言いました。

「ねー、何でこの人上半身ハダカで銃撃ってるの?」

私に聞かないでくれ!(笑)
てゆーか一番最初にツッコミ入れるところがハダカなんですか!!(爆)

相変わらず素敵ですRさん。
我がココロの師匠。どこまでもついていきます。

しかし、ハダカの理由はむしろ私が知りたい(笑)
私も始めてインファナル・アフェアを観た時、冒頭のシーンで衝撃を受けたものです。

上半身ハダカ、なだけならまぁいいんです。
ハダカなのに何故帽子はキチンと被っているのか。
ハダカなのに何故暑そうなブーツを穿いているのか。
もうすぐ成人になろうとする男子達が、
何故センセーショナルな半ズボン姿にならなければいけないのか。
何故上から下までこうもアンバランスな組み合わせなのか。

香港の警察学校は謎に満ちています。
それとも、半ズボン+ハダカでの訓練は、香港のみならず
全世界の警察学校共通の風習なのだろうか。
いつか時間があったら、警察学校と半ズボンの関連について
調べてみたいと思います(笑)

インファナル・アフェアⅠ~Ⅲでは、
過去も現在も、同一のキャラは大抵の場合同一の役者さんが演じていますが、
ヤンとラウ、主役二人に限っては
10年前と現在とで演じる役者さんを使い分けていることについて、
確かに、10代の青年を、
実年齢より遥かに若く見えるとはいえ40代の役者さんが演じるのは
無理があるしね・・・と思っていたけれど、
年齢の問題に加え、
もしかしたらこの半ズボンという警察学校の制服が
彼らが若き日を演じるのを阻んでいたのではなかろうか、と
勘ぐりたくもなるとゆーものだ(笑)

でも、トニーさんの半パン姿はちょっと見てみたかったかもなのです(笑)
まぁそもそも、ヤンが警察学校の制服を着ているシーンはあまり多くはないけれど・・・。
少なくともⅠではほとんど出てこなかった。
Ⅱはどうだったかしら。
映画館で1回観ただけ(←Ⅰとの愛の差があからさまだヨ!)だから
うろ覚えなのです・・・。
スポンサーサイト

コメント

私もはじめ観たとき、気になりました。
若人たちの半ズボンは。
どんな客層を狙った演出なんだろうとか。
拳銃撃つのになんで乳首見せなければならんのだろうか、とか。

トニさんの半ズボン+裸・・・見たいような、けっして見たくないような・・・。
42才の裸半パンはきっとイタイと思うんですけれども。でもそーいうトニさんを見たいような気もします。

香港の警察学校では実際にああいう姿で訓練を行っているのでしょうか・・・。謎です。そういえば、「ミッドナイト・エクスプレス」の刑務所警備のおにーさん方もやはり半ズボンでした(上はさすがに裸じゃなかったけど)あぁ気になる!いつか調べなきゃ!(笑)
トニーさんの半パン姿も見たいですが、むしろ半パンを穿いて照れてる表情が見たい(←変態)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://monochromeangel.blog3.fc2.com/tb.php/167-cd081f4c

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。