スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

等著[イ尓]回来

トニー・レオン氏出演作、「等著[イ尓]回来」をよーやく最後まで観ました・・・。
等著[イ尓]回来
しかし、なんてつまらないストーリー・・・。
最後の方はもう「語学の勉強の為に!」と自分に言い聞かせて頑張って観たけれど、
取り立てて新しい英単語も出てこなかったので勉強にすらならなかったという・・・(^^;

でも一応鑑賞したからには鑑賞記録をつけておこう(笑)
というわけで、感想にお付き合いくださる方は
盛大なネタバレに注意しつつ(笑)続きへGO↓


1994年公開、今を去ること10年以上前の当作品は、
この日記の中でも何度か触れおりますが、
所謂ホラー映画でございます。
ホラーが苦手な私は、最初は恐くて×2本当に観るのが辛かった(笑)
出版社で編集を手掛ける沖(トニー・レオン)が、
亡き女流作家、小柳の詩集の編集を手掛けることになり、
小柳の生前の記録を調べる一環として、
ガールフレンドのElainと共に、小柳が生前住んでいた屋敷に一時的に引っ越してきてきたのだが、
その家は幽霊屋敷だった。
沖のガールフレンドElainは、
嫉妬深い小柳の幽霊に次第に体を乗っ取られていき・・・
とまぁそんなカンジの話なのですが。
Elainがキッチンで料理をしようとするシーンで、
戸棚の扉を閉めると窓が開き、
窓を閉めると今度は部屋のドアが開き・・・という一幕があって、
最初は「ギャーッ恐ッ!!」とビクビクしてたのだが、
なんかよくよく見てたらまるでドリフではないか!ということに
ウッカリ気付いてしまったのだった(笑)
以来、何を観てもドリフにしか見えなくなり、
鏡越しに幽霊が映ってるシーンなどではついつい
「志村、うしろー!!」とツッコミを入れてしまい(笑)、
恐怖感が半減したのであった・・・。

映像は綺麗だし、演出は恐いし(ドリフだけど←違)、
なにげによく出来たホラーなんじゃない?と思って見ておりましたが、
話が進むにつれ、次第にチープな恋愛モノになっていき、
すでに半減していた恐怖感がますます薄れていきました。
沖とElainの幼馴染、Juliaが沖に密かな思いを寄せていることが発覚した時には
「出た!お約束の三角関係!」と思わず吹き出してしまった・・・。
三角関係っつーか、小柳も含めれば四角関係?
まぁよーするに、沖さんはモテモテ(死語)って話ですネ(笑)
笑ったといえば、ラストの屋敷が焼けるシーン。
壁に塗りこめられていた、小柳の愛人雲昇の骸骨が
びっくり箱よろしくビヨーン!と登場した時にはもうマジ爆笑・・・。
骸骨が、これまたいかにも作り物!ってカンジで胡散臭さ炸裂なのです(笑)

出だしはいいカンジだっただけに、惜しいですなぁ・・・。

あ、トニーさんに関しては、
自己中な男をステキに演じてらっしゃいましたよんv
でも短髪はやっぱり嫌・・・。
トニーさんはちょい長めサラサラの髪がよいなぁ。
ワタク的にはミッドナイト・エクスプレス時が理想です(聞いてねー)
スポンサーサイト

コメント

こんにちわ。お引越ししたんですね。こちらも素敵ですね♪
それにしてもつっこみ所満載な映画っぽいですね(笑)。機会があったら見てみたいけれど笑ってしまいそう。ミッドナイト・エクスプレスの時の風貌は私も好きでした。しかしこの映画もかなり突っ込み所満載で・・(笑)。

引越ししているのに気づく以前に・・・NYから帰ってきていたのですね。
おかえりなさい!
引越し先は開くの速くて、至極快適です。

ところで、つまらなかったんですか。
トニさんのホラー。
観ていないから何とも言えないけれど、ストーリー読むからにヤバそうな感じです。
トニさん、というか香港のスターって駄作、多そう。出演作、多いですからね・・・。


新天地にお越し頂きありがとうございます!今後もよろしくお願い致します~vv

>ルナさん
新しいブログは未だに使い慣れず悪戦苦闘しておりますが、何とか目標の「中華風」だけは達成出来たかな、と(笑)
機会があったら是非観てみて下さい!特に骸骨のシーンは観て頂きたいなぁ・・・文字では表現しきれない、あの安っぽさ(笑)

>しましまさん
無事帰国しましたー(笑)旅行に行く前からJUGEMが重くて、「もし帰国しても改善されていないようだったら、一大決心をして引越しするぞ!」と心に決めておりました。が、帰国してから自分のブログを開いてみたら、さらに重くなっていた、という・・・。
私の観た香港映画の数は本当に数えるほどしかありませんが、そのうちのほとんどが駄作のような気がします(笑)時間かけずに大量生産!みたいな。トニーさんの外見が大好きな私としては、彼の姿を見る機会が増えるのは嬉しいですが、トニーさん自身は一体どう思っているのか、一度本音を聞いてみたい(笑)

トニさんは、別に何とも思ってないような・・・そんな気がします。私の勝手なイメージなんですが、トニさんて自意識がかなり薄い人なんではないかと。あまり客観的に自分のことを見られない・・・ってここまで言ったらマズいか(汗)純粋なんだ、とそう思っておくことにします。
トニさんのDVDの表紙、そのホラーのやつもちょっと微妙のような・・・(笑)

>しましまさん
おおッ純粋ですか!ピュアエンジェルですねッ(←本気らしい・・・可哀相に・・・)
そうそう、このDVDのジャケも微妙なんですよー(笑)映画見る前は、幽霊モノのコメディに違いない、と思い込んでました・・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://monochromeangel.blog3.fc2.com/tb.php/161-1ab7a5d5

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。