スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"Revenge of the Red Baron"レビュ?

表題の作品では、トビたん19歳でした(笑)
9/19のダイアリーでは20歳?とか書いてしまった。バカだー。
Jサマご指摘どうもありがとです!!
あのころ僕らは、よりもちょっと前なんですねー。

あのころ~を見た時あまりの美人さんぶりに驚いたものですが、
モノクロ映画だったので、
あの美人トビたんのビジュアルをカラーで拝みたいなぁ・・・と思っておりました。
ですからもぅ大・満・足!!
お肌がツヤツヤだよぅ。三十路間近の今でも綺麗な肌してるけどサ!
でもあのピチピチ感はティーンエイジャーならではですな。
トビ担の方には是非見て頂きたいです~(><)
US版VHSですが、Joyrideと違って、
アマゾンジャパンからの取り寄せが可能ですし。
(オーダーの際のリンクは9/19のダイアリーから貼ってありますので
そちらから飛んでみて下さい☆)

レッド・バロンってゆーのは
第一次大戦のドイツ空軍の英雄、
マンフレッド・フォン・リヒトホーフェンの異名だそーで。
戦争モノに詳しくない私は、
さっきネットを調べてはじめて知りました。
リヒトホーフェン(とその部隊)は
機体を真っ赤に塗っていたことから「レッド・バロン」と恐れられた。
また、彼の愛機フォッカーDr.1は「赤い鳥」と呼ばれた。らしい。
リヒトホーフェンの半生を描いた
「レッド・バロン」という映画(1971)もあるそーです。

それでは、以下ネタバレタ~イム。ご注意を!
この作品は、海外の映画サイトを見たところ、
一応「ホラー」に属するらしいッすよ!うそーん!
まあ確かに、プラモデルの戦闘機が襲ってきたりするので設定はホラーなんだけど、
BGMがやけに明るいし・・・。
でもま、コミカルな雰囲気の割にはバタバタと人が死んでるんですけどもね(^^;
トビたんパパを皮切りに、警官、ガソリンスタンドでの目撃者、ご近所サン・・・。
軽快なノリに騙されそうになるけど、
よく考えてみるとなにげに凄惨なストーリーです(^^;

トビたんのグランパ、グランパ・スペンサー(←ファーストネーム不明)は
第一次大戦時代のパイロット。
この作品のプロットをネットで調べると、
どうやらグランパはレッド・バロン機を撃墜したらしい・・・が、
このレッド・バロンがリヒトホーフェンだったかどうかは不明。
だって、映画「レッド・バロン」では、
確かバロンのライバルは、
カナダ人で農夫出身のパイロット、「ロイ・ブラウン」のはず。
うぅん、よく分からん。
この作品の台詞を全て理解出来れば謎が解けるのかもしれないが
所詮私の英語力では無理でございます(笑)
いずれ何度か見て、もう少し聞き取ろうとは思うけどサ。
分かった方、教えて下さい(他力本願)

んで、そんな英雄スペンサー氏も今では寄る年波に勝てず、
車椅子の上で一日を過ごす生活を送っています。
スペンサー家は一家が離れ離れになり
(パパとママが離婚してるのかは不明。とりあえず別居中)
ジミーちゃん(トビたん)は、ママのキャロルと暮らしているらしい。
トピたんパパのリチャード・スペンサー氏は
おじーちゃんと一緒に暮らしている、らしい。
・・・らしい、ばっかりですまみせん(笑)

ジミたんは今どきの高校生。
学校サボッてTVゲームして遊んでるところから映画ははじまります。
トビたんが今どきのコを演じるなんて珍しい~!!(笑)
この作品内では、別に内気なオタクではありません(笑)
ネックレスなんかもしちゃって色気づいております。
髪型もちゃんと分け目があって(笑)今どきっぽい。
今どきな髪型すればほーんーとー美しいのにさぁ!!
服装はTシャツ半パンが基本。
オープニングではキャップを後ろかぶりにしてて可愛らしいです(><)


もしかしてこのレビュー、長くなりそうかも、ということに今更気付いた(遅!)
この辺りでレビューを分割します・・・
続きはまた後ほど。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://monochromeangel.blog3.fc2.com/tb.php/125-a8b26535

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。