スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Endless SHOCK 二度目鑑賞

先刻帰宅したら、母が「これ結構オモシロイのよ」と言って夢中になってTVを見てるので
何を見てるのかと思ったら花男2だった(笑)
どうやら1の時から見ていたらしい。
今明かされた衝撃(でもない)の事実。
そんなこんなで、第一話を見て、もう二度と見ることはないだろうと思っていた花男を
ご飯を食べながら見る羽目になってしまった・・・。
あ、でも、第一話よりは面白かったかも!

さて、昨日は二度目のSHOCK観劇に行って参りました。
やはり斗真ちゃんの殺陣と日舞は萌えですネ~。
斗真ちゃんの殺陣に関しては過去も何回か見てるけれど、
今までのものは正義のヒーローとしての殺陣だったので、
今回のような、冷めた目で表情一つ動かさずに敵を斬り倒していくような殺陣は新鮮!
ジャパネスクの設定がどうなってるのかは知らないけれど、
なんか斗真ちゃん軍は賊軍とか夜盗みたいなカンジで、
構えも荒っぽくて素敵ッ(><)
ただ、今までも忍であったり(inあずみ)村の青年であったり(inCRB)という立場での殺陣だったから、
我流っぽいという意味では共通点があるかな。
欲を言えば、次回殺陣をやる機会があれば、
侍の立場とかで(ただしチョンマゲはNGっすよ!)正統派な殺陣が見たい!
斗真ちゃんの殺陣って、動きは綺麗だけど、無駄な動きも多いんだよね(笑)
剣道とかも齧って、そうした無駄な動きを抑えたら、ホント綺麗だと思うんだ!
そもそも日本の伝統芸術って、無駄を排除して限りなく簡素化したところにあると思うんだよね。
例えば能楽だって、面の上げ下げ、扇子の一振り、
そういった最小限の動きによって様々な感情を表すわけで、
・・・ってまぁそれはどーでもいいんだけれど(笑)、
そういう意味でも第二幕の日舞は重要な意味を持ってるなぁ、と思う!
振りを最小限に抑えることで、
元々綺麗だったあのコの動作がさらにここまで綺麗になり得るものか、と。
日舞を習った経験を、今後の舞台活動に大いに活かしていって貰いたいなあ、と願うファンゴコロ。

ところで何故か今朝通勤途中に突然気付いたことがあったんですけど(笑)、
私がSHOCK初見の時に、トウマに感情移入出来なかった理由・・・
先日書いたように、勿論唐突過ぎてついていけなかったっていうのもあるんだけれど、
エンドレスって要するに、
「モーツァルトとサリエリ」型のストーリーなわけでしょ?
天才がいて、才能を持ってはいるけれど天才には一歩及ばない人がいて、
天才に憧れ、嫉妬し、焦燥し、精神的に追い詰められていくという・・・。
(細かい点では勿論違うところは色々ありますが)
で、そういうアマデウス型のストーリーというのは、
大抵の場合がサリエリ視点で描かれているわけですね。
私が大好きなかの名作、映画「アマデウス」も、
サリエリの語りによってストーリーが進行していく。
追い詰められていく側の心理を細やかに描かないと、
話の焦点がぼやけてしまうと思うんですね。
でもSHOCKの場合、サリエリの立場であるトウマを主に置くわけには当然いかないわけで(笑)、
焦点を追い詰められた者の葛藤に置く代わりに
「前に進んでいくこと」に置いたことにより、
アマデウス型という設定が宙に浮いてしまったように、
私には感じられました・・・。
それだったら、エンドレスみたいにコウイチとトウマの関係をライバルにせず、
リアルの時のトウマみたいに、
単純なコウイチ信者(怪我して腐ったりはするけど)にしておいた方が
ナチュラルだったんじゃないかな~、と思ったり致しましたワ。

大まかなストーリーに対してはそんな違和感もあったりしつつ、
でも台詞一つ一つのミクロレベルでは結構好きなものも多いです!
リカがコウイチに縋り付いて
「近くにいるのにこんなに冷たいの」みたいな台詞を言うところとか(うろ覚え)
トウマの「刀を真剣に変えたのは俺だ!ハハハ!」みたいな告白(やっぱりうろ覚え)以降の一連の台詞とか。

以前も書きましたが、使用されている曲も好き!
コウイチさんが天井で梯子渡りしてる時の、
微妙にスタジオジ○リ入ってる?みたいな曲とか(笑)、
ジャパネスクで使われている、明らかにパイ○ーツ・オブ・カ○ビアン入ってる!みたいな曲とか(笑)
思わずジャック・スパロウを探してしまったヨ!(嘘)
でも、パ○レーツの直前の、
RPGのボス戦で使われそうな曲(笑)が一番好きだな!

次回観劇は30日。
ちょっと時間が空いて寂しいけれど、
それまで記憶を反芻しながらなんとか生き延びていきますよ(笑)
スポンサーサイト

ショックの女王様

某WJ系の漫画を彷彿とさせるようなタイトルですが
決してパクリではありません(笑)
(因みに、テニスの王子様は一巻しか読んだことありません・・・)
Endless SHOCK感想追記です。
いつものことですがネタバレには全く配慮しておりませんのでよろしくネ☆(笑)

今日一日、昨日のSHOCKの斗真ちゃんを反芻しては幸せに浸っておりました。
女王様なマナザシが忘れられない(笑)
14日は二階席からの観劇だったけれど、
次回観劇の18日は一階席なので、
女王様に上から見下ろされるポジションだわ!
うッ想像しただけで1リットルの鼻血(←なんかもう色々すんません・笑)
日舞も楽しみだ♪
日舞の時は、BGMもいいのよね~vv切ない系で。
てゆーか今回のSHOCKは全般的に私の好みの曲が多いので嬉しいです。

昨日の日記では女王様と日舞についてしか書かなかったので(笑)、
その他について少々触れておきたいと思います。
楽しみにしていたリチャード3世の軍服は、
Rさんに聞いていた通り色がイマイチだったわー。
微妙に作業着みたいだった(笑)
王族なんだし、もっと高貴な雰囲気の衣装を着て頂きたい!
でも、リチャード3世の演技は、斗真ちゃん迫真てカンジで
あ~この子も色々経験して成長したんだなぁ、と
しみじみしてしまいましたよ(何者だ・・・)

私は、SHOCKはReal SHOCKしか見てなかったんですが、
ストーリー本当に変わりましたねー。
トウマがコウイチに対して屈折した思いを抱いている、という点は
いきなり過ぎていまいち説得力に欠け、
私はあまり共感を覚えることが出来なかったのですが(すみません・・・)、
でも構成はスッキリしていてなかなか良かったと思います♪
ただ、私の好みとしては・・・(あくまで私の好みですので!)
コウイチの『いつ消えるか分からないけど幕をあけるぞ!』というような台詞(うろ覚え・笑)の後
舞台が一瞬暗転するんですが、
そこで終わったら舞台的にはカッコよかったんじゃないかな、と思います。
その後どうなったかは観客の想像にお任せ、みたいな。
ただ、それでは斗真ちゃんの日舞を拝むことが出来ないので(笑)、
まぁそこは続けてもらうとして・・・
コウイチさんが、舞台の途中で倒れて、
舞台が暗くなって照明がコウイチさんへのスポットライトのみになり、
桜の花びらが舞う・・・というシーンがあるのですが、
この演出がなかなか綺麗で好きなんですよ。
そして、ここで幕が降りたらやっぱりカッコよかったな~と思うんですが・・・
その後の、残された者達の「コウイチありがとう!僕(私)達これからも頑張るよ!」的台詞や、
コウイチの「俺もちょっと悪かったナ~ごめんネ」的台詞は
折角の綺麗なシーンの後には蛇足に感じられてもったいないな、と思ったのですが、
ハッピーエンドでないにしても大団円的演出は必須なのかしら。うぅ。
不満もあれど、Real SHOCKの時に比べて全体として絵的に綺麗になっていたので嬉しかったです。
今後の観劇も楽しみですわ!

Endless SHOCK 初見

SHOCK見てきました!
てか、斗真ちゃん・・・
何ですか。あの美しい生き物はー!!
斗真は常に美しいけど、今回は久々に萌えたねー、と
Aちゃんと語り合いつつ帰ってきましたよ。
斗真見ながら変な汗をかく(笑)この感覚。何年ぶりかしら・・・。
とりあえず、斗真的な萌えポインツ。

→第一幕
鎧姿で戦うシーンでしょやっぱ!
「ステージ上がるな」って言われたのに結局上がっちゃうんだ?という疑念はさておき(笑)、
冷たい表情で刀を振るう生田さんには萌えますなあ。
で、極めつけは、傷を負った光一さんを足蹴にするシーン!
出た、女王様(爆)
私達のMゴコロが激しく揺り動かされましたヨ。
私もあんな風に見下されつつ踏みつけられたい、みたいな(笑)
階段の上で光一さんを待ち構えてる時の表情も女王様然としてて素敵~。

→第二幕
日舞・・・この一言に尽きますわ。
何て流麗な動きをするんでしょうねこの子は!!
あまりの美しさに息をするのも忘れそうになる、幸せな一時でした。
終始伏し目がちに踊るのも素晴らしい。
衣装もいいのよねー。黒と金の着物!
「斗真が振袖着てる~vv」と騒いで、
Aちゃんには「着流しだから。」とたしなめられました(笑)
第二幕では、髪をアップにしてしまうので、
第一幕の時のサラサラストレートが大好きな私としては残念で仕方ないのですが、
着物姿の時ばかりはアップもいいかも・・・と思いました。
着物にはやっぱまとめ髪でしょ!(笑)

私もAちゃんも興奮してしまい、
ついウッカリいつもだったら絶対買わないポスターまで買っちゃったワ!
斗真ちゃんソロポスターだしねー、売り上げに貢献したいじゃない。
それに映りも非常に美しかった。
あぁ、でもポスターなんて飾らないっつーのになぁ・・・。
舞台写真は斗真ちゃんソロは2枚あったんだけど、
1枚はちょっとビミョーだけど(笑)もう1枚が美しく、
美しい方だけ買うかどーか悩んだ末、一応両方買っておいた。
オトナだからね!(笑)こーいう時の為に稼いでるんです(笑)

今日はアドレナリンが分泌し過ぎてマトモな文章が書けないわ(笑)
また明日にでも反芻がてら感想書きたいなーと思います。

王の男

Aちゃんに、DSでどうぶつの森をやろうよ!と勧誘されてる私。
うーん、FF3も残すはラストダンジョンのみとなったことだし、
私も通信仲間に加わってみるか・・・。
でもやっぱり私はFF3のモグネット仲間を切望してるんだけど!(笑)
AちゃんもFF3買ってくれないかなー。

というDS話はさておき。(笑)
先日「王の男」を観に行きました。
アジア映画には、ガツンと心に響くような力強い映画が、
欧米のそれよりも遥かに多い気がするのですが、
この「王の男」もそんな映画の一つでした。
二回鑑賞したけれど、二回目もやっぱり泣いてしまった!

友人に「王の男の『の』は形容詞じゃなくて所有格なの?」と聞かれたけれど、
ええ、所有格でしたとも!(笑)
そしてタイトルに違わず、内容もあやしげな要素は確かに多々ありましたが(笑)、
それが全然気にならないくらいいい内容でしたわ。
それに、基本的に主人公の芸人二人の間にあるのは純粋な友情だしなー。
この映画の元になった「繭」という舞台では、
王と芸人二人でドロドロとした三角関係が形成されるらしいですが(笑)
映画の通り、チャンセンとコンギルは友情で結ばれている方が私は断然好みだな。
恋愛の為に命を捨てる話は多いけど、友情に命を懸けるストーリーは貴重だ!

それにしても、韓国の人の名前はなかなか覚えにくい。
私は二度見ても結局最後までチャンセンの名前が覚えられず(笑)、
さっき王の男のHPを見てようやく「ああそういえば・・・」とおぼろげに思い出したわ。
映画を見終わった後、友達に感想を述べるのも大変だった。
「あの男の人カッコよかったね・・・ってみんな男じゃん!!
ホラ、あの主人公二人のうちの男の方・・・って、だから両方男じゃん!!」
等等、一人空しくボケツッコミを繰り返してしまった・・・。
いや、でもチャンセンは本当にカッコよかった。
コンギルを庇って文書を書くシーンなんて惚れたわー!!

カッコいいと言えば、
反乱が起こった時に逃げるように促されても
眉をピクリと上げただけで平然としていたノクスもカッコよかった!
確かに悪女かもしれないけど、
自分がやっていることをわきまえているその肝の座った悪女っぷりに、
これまた惚れてしまいましたよ・・・!

チャンセンが目を焼かれて以降のシーンはもう涙が止まらなかったです。
一回目に見た時は、ラストの芸人一向が旅をしているシーンを見て、
「あれ?結局チャンセン達は助かったの?」と思ったんだけど、
二回目を見た時に、弟分3人が揃っているのを発見し(遅!)、
そういえば本来なら一人殺されちゃってるはずだもんね・・・と気付き、
これは彼らが早々に宮廷を立ち去っていたら、
もしかしたらあったかもしれない幸せな未来だったんだね、と思ったらまた泣けました。
韓国の作品は本当に人の泣かせどころをよく分かってるわ!

軍服

自分が観に行くまでは、SHOCK情報は完全シャットダウン!!
・・・と、心に誓ったにも関わらず、
SHOCK観劇を終えた生田友へのメールについつい
「どうだった?」の文字を打ってしまう、この手が。この指がーッ!!

・・・兎に角、リチャード3世の時に軍服を着るとか着ないとかいう話だけは
是非とも確かめなとかなきゃと思って(そこピンポイントか!笑)、
斗真軍服着てた?何色?敬礼はしてた?勲章付けてた?と鼻息も荒くメールを打つと、
敬礼も答礼も、勲章も徽章もナシ!という、ガッカリな答え。
必須のサーベルもないし、服の色も緑色ってどうなの!と言われ、
確かに軍服と言ったら青のイメージ(←鋼の錬金術師の影響)か、
もしくは黒地に銀の刺繍のイメージ(←銀河英雄伝説の影響)かなぁ、と返す私。

てゆーか、色々と見失ってませんか、君達!(笑)
とりあえず、リチャード3世の時代は1400年代だ!(笑)
あ、でも、敬礼の歴史は古いらしいですよ。
中世の騎士が、君主に敬意を表して兜の面覆いを上げて顔を出したのが起源だとか!
カッコいい~vv

・・・等というどーでもいいことを調べていたら、
先日鑑賞した「王の男」の感想を書こうと思ってたのに気力がなくなってしまった。
明日にでも書くか。。。
なんか最近マメだねMAKOさん(笑)まあ年明けくらいは意気込み見せておきますか(笑)

DEATH NOTE 後編 二度目鑑賞

「Cat in the Red Boots」のDVD発売、斗真自ら発表してくれましたねー!!
斗真ちゃんがあれだけ販促したにも関わらず
結局アキハバラのDVDは買ってない私ですが(笑)、
CRBは絶対買うよ!
コメンタリーも超楽しみですvv

さて、デスノート後編。
上映が終了してしまう前に、二度目鑑賞に行って参りました。
で、一緒に観たRさんに指摘されて、アレ?と思ったことがあるんだけど・・・
(以下激しくネタバレですよ!)

Lは、デスノートに自分の名前を書き込む時、「老衰」とか書いちゃいけなかったの?
『エル=ローライト
2090年○月×日、家族に見守られながら老衰で大往生を遂げる』
等と書くのは、なんかデスノートルールに違反しているんだっけ(笑)
だって、延命出来るものならそれはもう力の限り延命したいじゃん、自分の命。
うーん、頭の悪い私にはよく分かりません。
Rさんの言い回しを借りれば、
アホ過ぎる罪でライト様に消されてしまいそうな私。
とりあえず、上記書き込みを夜神総一郎氏に見せても、
ちっとも覚悟が伝わらず、協力は得られそうにないことだけは分かるけど(笑)

SHOCK初日

SHOCKはじまりましたねー。
ああッ観に行きたい!でも自分的初日は14日!
それまでお利口に待ちますよッ。
ジャニサイト巡りも封印せねば。

私がそわそわしても仕方ないとは分かっていつつやっぱり気もそぞろになりながら、
明日は生田友Rさんと映画に行ってきますわ。
デスノート後編と、王の男。
両方とも私にとって二度目の鑑賞となるのですが、
デスノはRさんの強いご希望により、
王の男は「いい映画だから是非見て!」という私の強い薦めにより。
Rさんもデスノは二度目になるそうですが、
いわく、「ライト様の監禁シーンが素敵!」とのこと。
さすがです(笑)
先日、みなとみらいのパンパシの素敵なカフェで、
美しい夜景を背景に拉致監禁についてアツく語ってくれた彼女のことが
未だに忘れられません・・・(笑)

あー。SHOCKがやっぱり気になる~(笑)
ダンシング斗真ちゃんに早く会いたい!


花より男子・・・

新年、明け過ぎましたがおめでとうございます(笑)
母が初詣に行ってきたらしく、
お土産に携帯ストラップ仕様のイノシシの根付を買ってきてくれました。
元々私の携帯にはちょうちょのストラップが付いていたのですが、
折角なので一緒に付けてみたら、
うっかり花札じみてきてしまったヨ!(笑)
ここは開き直ってそのうち鹿のストラップでも探して猪鹿蝶揃えてみるしかないかしら(笑)

さて、花男ですよ。
きっと、見終わった後には私めちゃめちゃ興奮して、
斗真ちゃんカワイイッとか騒いでるだろうなーと思ってましたが・・・
今実際見終わってみて、別の意味で興奮してます(笑)
何なのあのドラマ・・・。
いや、斗真はカワイイしカッコよかったですよ!
モデルって設定もイイ。あの子はどんどん美しい役に挑戦すべきだ!だってホント美しいんだもん!(笑)
でもあのドラマはどうなんだろう・・・。
一番許せなかったのは、順平ちゃんの近所のお友達(だったっけ?)の件ですよ。
サクッと流されちゃったけど、それでいいの!?ホントにいいのかい!?
彼がどうなったのかはハッキリとは言ってなかったけれど、
裁判持ちかけたくらいなんだから、
その後の人生を左右するような怪我でも負わされたんじゃなかろうかと思うのですが。
そうだとすれば、道明寺は一生をかけて償うべきだと思うんですけど。
カッコよく少女マンガのヒーローやってる場合じゃないよ。
確かに復讐って手段は決して褒められたものじゃないけど、
まがりなりにも弁護士を目指そうと思ったくらいなら、
つくしは法的弱者に共感を覚えるべきじゃないのか。
それなのに、順平ちゃんが退学させられた時のあの態度。
自分の好きな人が罪を犯して、しかもそれを権力にもの言わせて隠蔽して、
それで平然としていて何が正義感?
ほんとありえない・・・。
ありえない設定は少女マンガの常道だし、私はそのありえなさが好きだけど、
この話のありえなさはちょっと意味合いが違って全然笑えないわ。

大体、出だしからしてヤバいカンジがしたんだ・・・。
学生、しかも女の子一人で海外来るなら最低限の英語くらい勉強してきなさい!!
そして、旅行する土地のことくらいシッカリ調べてきなさい!!
つーかNYの治安が悪いことくらい調べなくても分かるでしょう・・・。
ドラマとはいえあまりに常識なさ過ぎるよ。
庶民だって、
特に可愛くないのに(真央ちゃんはカワイイけど)何故かイイ男にもてたって、
そんなのは全然構わないけど(むしろ少女マンガのヒロインの典型だしね!)、
常識のないヒロインはウザくて嫌。

もしかして1を見てたらもう少し楽しめたのかもしれないけどね。
残念ながら1も見てなかったし、原作も読んでないんで、すっかり退屈してしまい、
ドラマ見ながら先日買ったDSライトでFF3プレイしてたよ私は!!(笑)
合わせてWi-Fi USBコネクタも買ったのに、
何故か接続が上手くいかず、モグネットでメールが出来ない~!!
この間新年会やった時にDS持ってた友達と何通かメール交換してもらったけど、
自分で7通出して人から4通もらわないと(逆だったっけ?)
たまねぎ剣士になれないって言うじゃない!!
しくしく。FF3と言ったらたまねぎ剣士なのに~(><)
その友達とはしばらく会えなそうだし、
誰かここ見てる知り合いでDS持ってる方がいたら是非メール交換してー(笑)


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。