スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディパーテッド

インファナル・アフェアのハリウッドリメイク版、
ディパーテッドのHPを本日はじめて見てみました。

リメイク花盛りのハリウッド映画ですが、
私はハリウッド映画が好きだし、リメイクも全然アリだと思ってます。
先日見たイルマーレもなかなか良い出来でした。

でも、ディパーテッドはどうだろう。。。
リメイク元に思い入れがあり過ぎるせいかもしれないけど、
予告編見て正直引いたわ・・・。
原作のあの重厚さはどこに消えてしまったんだか。
まぁ欧米に「業」という概念を求めても仕方ないのは分かっているんだけど。
とりあえず濡れ場はいらないからそこんとこヨロシク(笑)

監督がマーティン・スコセッシ氏という点もワタシ的には結構マイナスポイント。
彼の作品はギャング・オブ・ニューヨークとアビエイターしか見てないけど、
どっちもかなり微妙な作品だったよ・・・。

全米公開後の評価は悪くないみたいだけれど、
原作ファンとしては色々不安があります。
でも、文句を言いつつも、絶対見に行くんだろうなー(笑)
日本での公開は来年1月だそうで、同じ冬シーズン公開の映画なら、
エラゴンの方が100倍楽しみだけど。(サフィラちゃんLOVE☆)
でも、それでもやっぱり絶対見に行くんだろうなー(笑)
スポンサーサイト

インファナル・アフェア3 終極無間

終極無間の(日本語版の・笑)DVD購入を決意したものの、
見たくなったらどうしても待ちきれなくなって、
最寄のツタヤでレンタルしてきました。

インファナル・アフェア III 終極無間 インファナル・アフェア III 終極無間
アンディ・ラウ (2005/09/21)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る


怪しい英語字幕を私の怪しい読解力でもって読んでたので、
色々理解が間違ってるところがあるに違いないと思ってたけれど、
とりあえずそれほど相違はなかったので一安心でしたワ。

無間道もそうだけれど、終極無間もやっぱり泣ける。
ラストの、ヤンとシェンとヨンがつかの間和んでるシーンと
(ヤンとシェンは銃創負ってよくあれだけ笑顔でいられるなぁ、という疑念は拭えないけど(笑)
さすが黒社会に生きてる人達は違うわ!・笑)
ヤンの死後、ヨンとシェンが屋上で語り合うシーンがね・・・。
特に後者は、はじめて見た時には
「シェンが持ってるあのミカンは何!?」と思いつつも(笑)夜中に号泣したものです。
ヨン様がそれまでずっと冷たい表情しか見せていなかっただけに、
ラストシーンで見せる暖かみのある表情に思わずホロリとさせられるのです。うぅ。
文字通りつかの間ではあるけれど、ヤン・ヨン・シェンの3人の関係ってホント大好き。
「戦友」っていうんでしょうか。ええ、昔から戦友って響きに弱いんですよ、私。

ストーリー的には断然無間道が面白いけど、
ヤンファン的には終極無間だよなー。
無間道はあまりにヤンが不幸なので。
まあそんなところも美人薄命(え)なカンジで大変よろしいのですが、
やはり好きなコの幸せそうな笑顔を見るとこちらも幸せになれるので。
・・・つーか自分よりも○×歳も年上の俳優さん演じる役柄捕まえて
ナチュラルに好きなコとか書いてる自分に気付く瞬間のこの微妙さよ(笑)

久々に、香港映画熱が再燃しちゃいそう。
トニーさんカワイイ!
レオン・ライ、いい男過ぎ!・・・まばたきはもっとしてもよいと思いますが。(笑)

マイアミ・バイス

つい1ヶ月ほど前、マイアミ・バイスを観に行きました。
コラテラルを観て、マイケル・マン監督に対して芽生えた不信感(笑)と、
アレキサンダーを観て、コリン・ファレルに対して芽生えた苦手意識が
払拭しきれていなかったので
観るかどうか迷っていたのだけれど、
テーマ曲に使われているリンキン・パークの"Numb"が超カッコよくて好きだったし、
潜入捜査官という設定がツボを刺激したので、
友達を誘ってレイトショーへGO!
んで、結果は・・・。
あー。コン・リーのスタイルの素晴らしさに釘付けでした。以上。みたいな(笑)
やっぱり潜入捜査官といえば、インファナル・アフェアよね!!
・・・と思って、本日久々に無間道のDVDを観ました。
あぁぁ、やっぱりウォン警視の例のシーンは何度観ても泣ける・・・。
彼を呆然と見つめるヤンの表情がね。泣かせるのよね。カワイイ!(あれ?・笑)
いずれ、終極無間の日本版DVDも買わなきゃッ。
未だに香港版しか持ってないんで(笑)英語字幕でしか観たことない私。。。
日本で映画公開された時にも結局観に行かなかったからなー。


ジャニネタ。
昨日のとまごと読みましたけども。
斗真ちゃんいいコだね~(><)
私は彼の友人ではないので斗真ちゃんと同じ見方は出来きないわけで、結構冷ややかに眺めてしまうんだけど、
斗真ちゃんの友情には和みました。
君がそう言うのならばもう少し暖かく見守ってみようかな(笑)

プリズン・ブレイク シーズン1

先日の日記でプリズン・ブレイクいまいちっぽく書いたけど、嘘、嘘!(笑)
5話くらいからちゃんと(?)面白くなってきたわ~vv
マイケルくんたら天才の割には色々計算が杜撰で偶然をあてにし過ぎよ☆とか(笑)
色々言いたいことはあるけど、
物語に引き込まれることは間違いナシです。
戦艦モノとか刑務所モノとか、
限られた空間を舞台にした話に外れは少ないってのはホントね!

とりあえず、天才大好き・兄弟愛大好き(笑)なワタシ的には
大いに楽しめるシリーズでした。

・・・でも、シーズン1のあの終わりは一体!?

シーズン2が見られるのはいつになるんだろ。
この状態で待てと!?
ああ、続きが気になるよぅ。早く見たい~(><)


プリズン・ブレイク vol.1 プリズン・ブレイク vol.1
ウェントワース・ミラー (2006/05/11)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
この商品の詳細を見る

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。