スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キング・アーサー

ブリテンの統一って、割とチョロいよね。

・・・すみません、それが鑑賞後の第一声でした(笑)
サクソン族を滅ぼした後、
やけにあっさりブリテン統一が成されてしまっていたけれど
ブリテン島にはアーサーを中心とするローマ側の勢力と、
グウィネヴィア達のウォードと、
サクソン人・・・という3つの勢力しかないんだろーか。うーん。
英国史にはあまり馴染みがないけれど、
「アングロサクソン」等というように
少なくともアングロ人がいたと思うんだけど・・・。
ま、まあいいのかな(笑)

近年の歴史モノを見てるとよく感じることなのですが、
歴史モノを描く時に異常なまでに「忠誠心」という感情を忌み嫌い、
出来得る限り作品から排除しようとする傾向が
主流のような気がします。
うーん、確かに現代人には馴染みのない感情だけれど、
その昔は当たり前のよーに存在していたわけで、
そういった要素を排除して代わりに現代的な友情を
無理矢理あてはめようとするから、
非常に不自然な感じを受ける。
LOTRを観た時も思ったんだけれど
(LOTRはまあ「歴史モノ」じゃありませんが・・・笑)、
サムとフロドの関係について、
何もあそこまで友情、友情と強調しないでもいーんじゃないか。
別にいいじゃん、忠誠心で・・・。

・・・話が大幅にズレました(笑)
えー、キングアーサーも、アーサーと騎士達の関係を
「友情」でまとめてしまっているわけですが、
アーサー王伝説は「騎士道」のお話なわけで、
契約社会の西洋においては
日本におけるほど「忠誠」の精神が濃くはなかった・・・と
はるか昔の学生の時分に習ったような気がしますが(笑)、
それでもやはり主従の間には友情という言葉では説明出来ない
忠誠の精神があったはず。
友情が描きたいのであれば、
物語の設定を昔に置く必要がないんじゃないかなー、
なんて思ってしまうわけで。
主従関係好き(何だそれは!)としては
ちょっとその辺りに拘りがあるわけなのです。

でもまあ、そもそもこの「キングアーサー」は
従来のアーサー王伝説とは別物として描かれているわけで。
アーサー王伝説の登場人物の名前を借りたファンダジー映画だと思えば、
映像的にも美しいし、
期待通りキーラ・ナイトレイが可愛かったし、で
なかなか楽しめたと思います!
実際、演出の方々は「キーラをいかに美しく見せるか」ということに
情熱の多くを費やしていたと思われます(笑)
衣装も、髪型も、化粧も、細部に至るまで拘りまくり。
ウォードの戦闘時の衣装もカワイイ。
でも、ウォードの皆さんはもう少し肌を覆った方が
安全だと思うヨ☆
騎士達の馬の方がよっぽどシッカリと防備されていた(笑)
そういえば、一番最初にキーラが救出された時、
とても衰弱しているようには見えなかったのは気のせいかな(笑)
あー。あと、超取って付けたような
グウィネヴィアとアーサーの濡れ場(爆)は微妙・・・。
確かにあそこでそういうサービスシーンを挟んでおかないことには、
ラストの結婚シーンがあまりにも唐突になってしまうのは
分かるんだけどねー(^^;

ランスロットの配役については、
映画を観る前は色々文句を言っていたんですが(笑)、
観てみたらアレはアレでありなんじゃないかという気がしてきた。
・・・ただ、映画を観ている間中、
「この人って誰かに似てる気がするんだよなー、誰だっけなー」と
ずーっと気になっていたんですが、
最後の方になってようやく分かりました。
ヒガシヤマノリユキ氏(何故かフルネーム・・・)に似てるんだわー!(笑)
髪のパーマ加減が、
ウェストサイドストーリーのステージ上で見た彼にそっくり。
輪郭もどことなく似てるんだよなー(^^;

あぁ、あと、嘘みたいな(嘘なんだけど)氷上の戦いには
思いっきり笑わせてもらいました(笑)
8人vs200人というところからしてまずありえないのに、
あの氷の割れ方は・・・。
てゆーか氷が割れる前にサクソンの皆さんも気付こうよ(笑)

ちなみに、世の中ではアーサー王萌えをしている方々も
結構いらっしゃるようなのですが、
私はあまり・・・。(笑)
キーラの可愛さに釘付けで、あまり他が目に入ってこなかったというのが
正直なところかな!(笑)
スポンサーサイト

トゥルーナイト

明日はキングアーサーを観に行きます!
キングアーサー鑑賞前に、予習も兼ねて…と思い
先日友人と「トゥルーナイト」をレンタルして観た。
ショーン・コネリーがアーサー王を、
リチャード・ギアがランスロットを演じている…という
なんとも豪勢なキャスティングにも関わらず、
皆様のレビューを読むと酷評多数(笑)
TVで観たことがある…と言う叔母にも「どうだった?」と聞くと、
とりあえず爆笑された(笑)
感想求めてまず爆笑が返ってくる映画って一体…と
ある意味とても楽しみに(笑)再生しました。

…………。

爆笑の意味が、よく分かりました(笑)

TSUTAYAのレンタルコーナー捜索は
非常に困難を極めたのでありますが
(古い作品だしね…)
毎日バスの待ち時間に少しずつ探索エリアを広げ、
ようやく根性で探りあてたこの作品は、
「文学」にカテゴライズされてました。
ありえない!!(笑)
あれは、アーサー王物語に出てくるキャラクターを使ったパロディですな。
オリキャラ大活躍だし。
むしろ「アクション」にカテゴライズした方がいいかもしれない(笑)
ストーリー変えるのはまあ許せるのですが、
時代考証はきっちりやりましょう!
そしてもっと衣装などにお金をかけて下さい!(笑)
役者のギャラにお金使い過ぎて
他に割く余裕がなかったんだろうか…
と推測したくなるしょぼさ。
ぺなぺなしていてちゃちい鎧や、
ありえない真っ青な制服らしきものを纏った兵士達が登場した時点で
もう手を叩いて大爆笑。
そして、極めつけはキャメロット!
明かりがキラキラしていてまるでディズニーランド、
とても中世の都市とは思えない…というのはどなたかのレビューで読みましたが、
まさしくその通り。
しかも城壁が白亜!屋根が真っ青!
質実剛健なイギリス文化はもはや影も形もありません(笑)
そして何よりもありえないのは、
広場とおぼしきところに謎のアトラクションが!(爆)
風雲たけし城…では古すぎるので(笑)、
筋肉番付のような、とでも言っておきましょうか(それも微妙に古い)
それをクリアした人には
褒美としてグィネビアからキスがもらえるという設定なんですが…。
つーかグィネビア賞品かよ~!(笑)
この辺りはもう笑い死にそうでした。
アクションより、コメディにカテゴライズした方がいいかもしれません(笑)
ショーン・コネリーも何でこれに出ちゃったんだろうか。
これを観た後ではもはや
アーサー王物語を取り上げたどんな作品も
素晴らしく思える気がしてきました(笑)

そんな素敵映画「トゥルーナイト」、
皆様も是非観てみて下さい、超お勧めです(笑)
1度は観る価値アリですよ~2度嫌だけど(笑)

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

公開後約1ヶ月にしてよーやくアズ鞄観ました。
DIARYの方にも書いたんですが・・・
どー考えてもはしょり過ぎでしょ、アレは(笑)
もう少し過去の説明しないと、
映画しか観てない人には分からないよ・・・。
せめて、お父さん達の正体を説明して欲しかった!!
でないと、何故ハリーが魔法を使った時に鹿の姿を見たのか、
全く分からないヨ・・・
かく言う私も、一応原作は既読だったんですが、
すっかり話を忘れ去っていた為、
鑑賞後に友達に説明してもらってよーやく思い出した次第(笑)
ハリーパパが鹿に変身出来ることが説明されてないと、
あれじゃーただのシシ神さま@もののけ姫だよ!!
・・・とは、映画を一緒に観たAKKOちゃんの言(笑)

まーでもはしょり過ぎなことを抜かせば、
なかなかの出来だったんではないでしょうか。
噂通り、ホラー映画でしたが!!(笑)
特に、死んだはずのスキャパースの人(名前を忘れた・笑)の足跡が
地図に現れるシーンはハンパなく恐かった!!
うわーん(泣くな)

ハリポタファンの友達は「配役が不満!」と言っていましたが、
私はそれなりにイメージ通りだったと思う・・・。
元々そんなに思い入れがなかったからかもしれないけれど(^^;
ハリポタにそれほどはまれないのは、
ワタシ的に萌えがないからだろうか(笑)
いや、勿論萌えがなくても面白いと思う映画はいっぱいあるけれど(一応言い訳・笑)
ハリポタの場合、ストーリー自体にそんなに魅力を感じないので、
萌えでもないとあまりはまれないのよねー。
・・・等と言いつつ毎回見に行くのは、
世の中に流されやすい性格故(笑)

帰りにヴァン・ヘルシングのチラシをもらってきた。
デヴィッド・ウェンハムの修道僧姿はやっぱりカワイイ(><)

スパイダーマン2

トビーが可愛すぎて萌えでした(笑)そんなわけでブラザーフッドに続きクサレ感想にて失礼。だから所詮私はクサレ人間なんだって!!(←とりあえず逆ギレしてごまかしてみる)
先日鑑賞会を開いて前作を観た時にも、トビーの可愛さにかなりやられたわけですが・・・。大画面で観ると、さらに可愛さアップ!!とてもじゃないけど来年三十路のオッサンとは思えません(笑)学生役もまだまだイケる!つーか作品内でも、電車救助のシーンで乗客に素顔がバレてしまった時、「まだ子供じゃないか・・・」とか言われてたし。騙されちゃいけない!その人は四捨五入すれば30だ!(笑)・・・まあ「ピーター」は学生の設定だけど、それでも最早「kids」ではないと思うんだけどなあ。
出だしからしてピーターの可愛さ爆発。ピザ屋の配達のアルバイト(・・・という設定だけですでにカワイイ/笑)で、配達時間29分のタイムをオーバーしそうになり、スパイダーマンに変身して配達(笑)何て愛くるしいヒーローなんだ!崩れてくるモップを必死に直すところなんかも、フツーに考えればただのギャグシーンなんだけれど、私は笑うよりも前にひたすらピーターの可愛さに悶えていました。
・・・コイツ何回「可愛い」って言葉を使うつもりなんだ!と思われた方、とりあえず5秒に1度はカワイイって言わないと気が済まないらしいのでご容赦を(笑)
ピーターの可愛いシーンは他にも多々。コインランドリーでスパイダーマンのコスチュームを洗濯しちゃったり(しかも色落ちしちゃったり/笑)、スパイダーマンなんてやめる!と決意した時、フツーにその辺のゴミ箱にコスチュームを捨てちゃったり(笑)
思い悩む青年なシーンも前作以上で可愛さアップ。しかし真面目に助言させて頂くと、ピーターはスパイダーマンをやめて、科学の道に専念した方がいいと思うんだけど(笑)折角頭いいんだからさー。大体、スパイダーマンやってても収入ないし!!今後はMJが頑張って稼がないといけませんね。しかし世間一般から見たらピーターちゃんはただのヒモ(笑)MJは有名な女優さんとして世間に売れつつあるのに、そんなヒモ男ちゃんを養っていて体裁が悪かったりしないんだろーか。等と真剣に心配してしまいましたヨ(笑)
ピーターちゃんお色気シーンもありました☆(笑)スパイダーマン衣装が破れて素肌がのぞいちゃったりしているところなどドキドキであります。カワイイ顔してセクシーボンバーなところがよいですね。筋肉増量ご苦労さま、トビー!!
そして何と言っても、ドック・オクに捕らえられてハリーへの貢ぎモノにされちゃうところでしょう。縛られてるよ、ピーター!!ぎゃー!!(笑)簡単に鎖を引き千切ってしまったのが残念でなりませんでした(笑)つまんない~。ドック・オクももう少し頑丈な鎖で縛っておかなきゃダメじゃん・・・。3作目では親友同士の戦いがテーマになるようで、今から萌えの予感がしております(笑)で、でもMJとの仲も普通に応援していたので(笑)、ラストはちょっとジーンとしましたヨ!
今回の敵、ドック・オクはなかなか味のある敵でした。が、彼のアームはどう見ても金属で出来ているように思えるんだが何故あの磁場みたいなもの(←頭の悪い表現・・・)に吸いこまれなかったのだろう。特殊な金属なのだろうか。あと、銀行強盗をしてお金を手に入れても、背中からアームが生えた人にものを売ってくれる人っているんだろうか(笑)ドック・オク、なかなかミステリアスなキャラでありました。

ツッコミどころは満載だけれど(笑)、前作が楽しめた方なら2作目を楽しめることは請け合い、とゆーか個人的には2作目の方が断然面白かった!!トビーの可愛さもパワーアップしてたしね!(笑)
3作目が今から待ち遠しいです。

スパイダーマン / インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア / トゥー・ウィークス・ノーティス / インディー・ジョーンズ

「スパイダーマン」
「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」
「トゥー・ウィークス・ノーティス」
「インディー・ジョーンズ」


先日Hちゃんと開いたDVD鑑賞会で上記4本の映画を観てなかなか楽しかったので、軽~く感想を書いてみようと思います。

まず、一番最初に観たのが「スパイダーマン」。今回の鑑賞会のメインイベントです。トビー・マグワイア見たさにスパイダーマン2を観に行くことにしたのはいーけど、我々前作を観ていなかったので、お勉強会を開かなきゃ!とゆーのがそもそもの発端だったのです(笑)
予想通り、とゆーか予想以上に、ただもうひたすらトビーがカワイイ映画だった(笑)ただでさえ童顔でカワイイのに、あのシャイなキャラ設定!たまらないですわ(><)
クモなのでお尻から糸を出すのかと思っていたらさすがに違った(笑)ホッとしたよーな、ちょっと残念なよーな(←何を期待してたんだ・・・)
ヒロインのキルスティンちゃんも可愛くて好きなんだけど、Hちゃんによると「リヴ・タイラーと足して2で割るとちょうどいい顔の横比率」らしい。うわー何てことをー!!(爆)

そして次に鑑賞したのが「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」。この頃になってくるとかなり眠気も倍増。非常に面白かったんだけれど半分くらい寝てた気がします(笑)
私はこの映画を何故か長年「ヴァンパイアと美女が繰り広げる、耽美ではあるが割とフツーの恋愛モノ」だと思い込んでいて、Hちゃんに「違うよー!もっとアヤシイ映画だよ!」と否定されたので観てみることにしました。
・・・で、自分が盛大に勘違いしていたことがよーく分かりました(笑)何でしょう、あの、ブラピもてまくり映画は!トム・クルーズもバンデラスもキルスティンも皆ブラピ扮するルイが好きで好きでしょうがなくて、自分のものにしたくて仕方がないらしい(笑)トムもバンデラスも、面と向かって「美しい」とか言うのはやめなさい!見てるこっちが照れちゃうわ(笑)トムがブラピの血を吸ってヴァンパイアにする冒頭の場面は身悶えしましたさ。あの時ばかりは眠気も吹き飛んだ(笑)
子役時代のキルスティンちゃんは大変可愛らしかった。すごい美人っていうわけじゃないけれど、彼女は目ヂカラが子供の時から凄かったんだなあ!

次に観た「トゥー・ウィークス・ノーティス」は、ごく普通の恋愛モノで、この濃いラインナップの中で唯一ほのぼのと心温まる作品でした(笑)とりあえずサンドラは可愛かった。

そしてラストは「インディー・ジョーンズ」。私はこのシリーズは全て観ていたんだけれど(←敢えてコメントしておくと、全てビデオでの鑑賞ですんで!映画館で観たわけじゃありませんので!/笑)、一緒に鑑賞したHちゃんが今までに観たことがないとゆーことで、いつになるか分からないけれど4作目も出るかもしれないことだし(笑)、一応観ておきましょーかってカンジでツ○ヤで探してみたんだけれど、ほぼレンタル中で、「最後の聖戦」しか残っていなかった・・・。それでもとりあえずレンタルしたけれど、Hちゃんはいきなり3作目から観る羽目に(笑)まあこのシリーズなら別に何作目から観ても分からないことはないですが!
それにしても、○年ぶりに観たインディー・ジョーンズは・・・インディーのあまりの悪漢ぶりにびっくりしましたよ(笑)これの、どこが正義の味方なんだー!!ってカンジ(笑)インディってあんなに殺戮マシンだったっけ・・・。
やはり20年前と今では、ヒーローもののあり方が全然違うんだなあ、ということをつくづく思わされました。現代のヒーローは、どんなに相手が悪漢だったとしても、少なくとも相手が人間である限りは、めったなことでは殺さないじゃないですか。(相手が人間外だったら別。LotRなんてオーク殺戮しまくってましたしね/笑)殴って気絶させるとか。
でも、インディは容赦なく殺すんですわ・・・(^^;いくら相手がナチだからってさー。Hちゃんから先日もらったメールにも書いてあったんだけれど、ナチ=悪=殺してもOKっていう単純な図式は、今日びには受け入れられかねるものがあると思います。インディがワルモノに見えて仕方がなかった(笑)
もし4作目が出るとしたら、その辺りはきっと改善されてることでしょうね。

そんなカンジで鑑賞会は恙無く終了。次回鑑賞会ではエリザベスでケイト・ブランシェットを崇め、グーニーズでショーン・アスティンを愛で、ムーラン・ルージュでハム様をしかと確かめるという、所謂LotRファンっぽいラインナップで攻めていこうかと思っております(笑)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。