スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ファーシーアの一族」シリーズ

犬科を愛する友人Hが先日、
「とってもカワイイ狼が出てくるファンタジー小説があるのvv」と言って
貸してくれたのが、ロビン・ホブ著の表題のシリーズでした。


騎士(シヴァルリ)の息子 上 <ファーシーアの一族> 騎士(シヴァルリ)の息子 上 <ファーシーアの一族>
ロビン・ホブ (2004/12/18)
東京創元社
この商品の詳細を見る


海外ファンタジーの多くが三部作の形体を取りますが、
この作品もその例に漏れず、

1.騎士の息子(上・下)
2.帝王の陰謀(上・下)
3.真実の帰還(上・下)

の3部作全6巻から構成されています。
今は真実の帰還の下巻を読んでいるところなのですが・・・
このお話、本当に面白い!そしてよく出来ている。
友人はとにかく狼を推奨していましたが(笑)、
確かに狼もカワイイけど(笑)登場人物みな魅力的。
これだけ魅力的に見えるのは、精巧な描写によって
各々の人物がリアリティをもって見えるからだろうなあ。
著者のロビン・ホブは女性だと知り
(男性の一人称で物語が進む為、性別が分かりにくいペンネームにしたらしいですね)
この緻密さは確かに女性ならではのものなのかも、と納得したものです。
緻密だけれども、ねばっこさはなく、むしろ淡々とした語り口。
ストーリーも、いかにもというカンジの派手なヒーロー譚ではなく、
むしろ不幸な生い立ちの少年が精神も肉体も満身創痍でボロボロになりながら成長していくという
地味かつ暗~いお話なので(笑)、
好き嫌いは分かれるところでしょうが・・・
私はこういう骨太なファンタジーが大好きです。
ファンタジー小説は元々大好きで、それなりに読んでいるけれど、
今まで読んだ中でナンバーワンの作品かも・・・。
一人でも多くの方に読んで欲しい作品ですね。
なんかもう、主人公のフィッツがあまりにも痛々しくて時折読むのが辛くなりますけどね(笑)
フィッツくんは動物と心を通わせることが出来、
基本的にはどんな動物でもそれは可能らしいんですが、
何故か出てくるのはほとんど犬科(笑)
きっと著者は犬を飼っているに違いない・・・。
出てくる犬や狼は本当にカワイイので、犬好きな方にもオススメです。
特に狼のナイトアイズちゃんが、偉そうでカワイイんだー!

真実の帰還もあと少しで読み終わってしまうので寂しい・・・。
因みに、続編もありますが、そちらはまだ邦訳されていないようですね。
続編もやっぱり三部作で、

1.Fool's Errand
2.Golden Fool
3.Fool's Fate

の3作。
続きが知りたければ英語の原書に手を出すしかありません(笑)
まあそのうち邦訳も出るんだろうけど。
前作の15年後が舞台になっているので、フィッツくんは最早30代のオヤジか・・・
うーん、微妙に読む気が萎える(笑)
やっぱり若い子の方がいいよー、と思いつつも
一応アマゾンでFool's Errandを予約しました。
640ページあるらしい・・・。さぞかし読み応えがあることでしょう・・・。
スポンサーサイト

エラゴン

友人Rさんにエラゴン面白いよ!と薦められた表題の本。
映画化も決定したことだし、
ファンタジー好き・ドラゴン好きの私としては是非読んでおかねば、と思い、
どうせ読むなら原書で・・・と、↓を購入しました。


Eragon (Inhertitance) Eragon (Inhertitance)
Christopher Paolini (2005/04/26)
Alfred a Knopf
この商品の詳細を見る


邦題
エラゴン 意志を継ぐもの ~ドラゴンライダー①」
クリストファー・パオリーニ著

500ページという分厚さに少々おののきはしたものの、
分厚さでいうならハリー・ポッターのHalf-blood princeの方が遥かに分厚かったし(何せ600ページ・・・)
作者のクリストファーくんがこの本を書き始めたのは15歳の時だった(!)ということで、
若者(笑)の書く文章ならきっと読みやすいに違いない、と思って
心を決めて読み始めてみると、
思った通り読み易い文章!
ほぼ通勤時間にしか読めなかったけど、それでも一ヶ月かからずに読了出来た。
しかも平易な文章の割に内容がとても濃くて面白い!
書評でよく「ファンタジーの王道」と言われているように、
他ファンタジー作品に比べて特に目立つような奇抜な設定があるわけではないんだけれど、
世界観がとても具体的に描写されていてリアルに感じます。
特に、主人公の青年エラゴンが徐々に魔法を覚えていくあたりの描写が細かくて面白かった。

しかしこの本で何よりも魅力的なのは、やっぱりドラゴンのサフィラちゃん!!
サフィラちゃんは、エラゴンを自らのライダーに選んだドラゴン(女の子)です。
ドラゴンはドラゴンライダーと心の中で会話をすることが出来るのですが、
この会話がまるで姉と弟のようで微笑ましいんだ~(><)
特に、サフィラちゃんがエラゴンに対して"Litte One"と話しかけるのが好き。
日本語ではどう翻訳されてるんだろう。「小さき者よ」とかなのかな?
サフィラちゃんは女の子なので、時には嫉妬しちゃったりもします。
エラゴンはエルフの女性アーリアを好きになってしまうんだけれど、
気分を害したサフィラちゃんは
「彼女の顔は長すぎて馬みたいだ!」とコメントしちゃったりして、
エラゴンに「ヤキモチ焼いてるの?」と突っ込まれて「ヤキモチなんて焼いてない!」と強がっちゃったりします。
あーカワイイ。
このくだりを読んだ時にはあまりの可愛らしさに悶えたもんです(笑)

他にも、クルッと猫のように丸まって眠ったり、鼻からパフッと煙を吐き出したり、
サフィラちゃんの可愛らしさがいっぱいに詰まった「エラゴン」、
和書でも洋書でもよいので是非読んでみて欲しい一冊です。

この本のおかげですっかりドラゴンフェチになってしまった私。
それでなくても元々竜が好きだったし、
最近ゲド戦記を読んだりドラクエⅧをプレイしたりして(笑)、
ドラゴンブームが到来していたところだったのよねー。
先日まで8日間、パリ旅行に行っていたんですが、
何故か旅先で竜の置物を3つも買ってきてしまった私(笑)
ドラゴンブームはしばらく収まりそうにありません。
一昨日日本に帰国してから早速アマゾンでEragonの続編「Eldest」を注文しました。
早く届かないかなー!
Eldestは全685ページだそうなので、かなりの気合が必要そうですけどね・・・(苦笑)
でもサフィラちゃんへの愛で乗り切るわ!


エラゴンとは全然関係ないけど、ジャニネタ。
とまごと復活だそうですね!おめでとー!
だから、期間限定なんて言わないで常設にすればいいのに~。

ハリポタ萌え(笑)

突然ですが現在にわかハリポタ萌えしております(笑)

先日ハリポタ5巻the Order of the Phoenixを読み終え、
今は6巻the Half-Blood Princeを読んでいるところでして。
元々それほどハリポタ好きというわけでもなかった私ですが・・・
5巻を読んでビックリしましたさ。
何って、ハリーのシリウスラブっぷりに(笑)
(以下ネタバレ発言なので注意!)
シリウスを失った後のハリーがさ・・・。
喪失感に打たれる様が尋常ではなく、アタクシ顎が落ちました(笑)
で、今まで「ハリポタはあんまり興味ない・・・」等と言ってたくせに
思わず萌えゴコロに火が付いてうっかりハリポタサイトを巡ってみたりして(笑)

6巻でもハリーたんの茫然自失っぷりは健在です。
シリウスのいない世界に最早興味はない・・・みたいな倦怠感が○だネ(笑)
因みにダンブルドア先生は単なるショタコンではないか、という疑惑が
日々膨らんでいるのですが・・・。
今度は校長先生直々にプライベートレッスンですってサ。
やるなぁ、J.K.ローリング・・・。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。